Ogk カブト jis。 OGKカブトがJIS認定取消?OGKヘルメットは公道で使えるのかどうか解説する

OGKカブトのJIS認証が取消し→安全性や品質的には全く問題なし!!|ちゃりメモ!

OGKカブトと言えば、大阪はに本社のある、ヘルメットメーカー。 その結果、 こんな報告を見つけました 上のHPを見ていただければわかるのですが、 神鋼鋼線ステンレス(株) はJIS規格に関わる不適合事象が判明し、2016年6月10日にばね用ステンレス鋼線(JIS G 4314)のJIS認証が取り消されました。 神鋼鋼線ステンレス(株)の場合、取り消しから再取得までに用しか期間は約1年半。 もちろん、ライダーだからこそヘルメットメーカーの不正は一番やってほしくないですよね。 書込番号:23071508 4点. 「俺は安全にクルマ運転できるけど書類申請ウゼーから無免許でいいんだ!」とは絶対ならないですよね! バイク界は初心者の方が多いです。

>

OGKカブトのオートバイ用ヘルメットでJIS認証の取消しがされました...

種類が違いますが、ISO9001(JIS9001)の内部監査員資格を持っていて業務経験もある自分からすると、 あり得ないくらいルーズな会社としか言えないですね。 その課題に対して、専門部門と窓口の設立を対策にあげておられますが、具体的にどんな管理をするの?そもそも(恐らく)経営陣の判断で生産比率が守れなかったと考えられるのに、現場に部門を作れば品質改善するの?通報されないためにどうするの?という疑問が残ります。 ヘルメットはそのまま使っても大丈夫なの? OGK社の工場はJIS認証を取り消されてしまったため、今後東大阪衣摺工場で生産するヘルメットにJISマークを貼付することはできません。 より画像と文章を引用 製品の組み立て場所に関する記録を適切に管理していなかったためにJIS認証を取り消されたわけですね。 競技に使っているなどで不安に思う方は、躊躇せずにOGKカブト社へ問い合わせをしてみましょう。 だから上に挙げた「JSAのHP」では規格を標準という言い換えをして、以下のようにまとめている。 やに次ぐ第3のメーカーと言われ、フルフェイスからハーフタイプまで幅広いジャンルで商品展開している(SHOEIはハーフカップタイプのヘルメットは製造しているが、市場にはほとんど出回っていない。

>

OGKカブトのJIS認証取り消し事件のまとめと、来春の新製品について

過去の実績から予想を立ててみたいと思います。 不明点があったらどんどん問い合わせしましょう! TEL06-6747-8031です! 安全性や品質に対しての問題はない、ってことで、さっそくMFJも声明を発表しました。 現在お使いいただいております全ての製品についても、それぞれの規格を満たしており、何ら問題なく安心してご使用いただけます。 オージーケーカブトの今後について 今後の生産対応、JIS認定製品の取り扱い、改善策について、OGKカブトは自身のウェブページで下記のアナウンスをしています。 取り消しに関する説明文を引用するとこうだ この度、弊社は令和元年10月25日に実施されました一般財団法人 日本車両検査協会による日本産業規格臨時認証維持審査の結果、経済産業省より弊社大阪府東大阪衣摺工場の「JIS認証取消」が発表されましたので、お知らせ申し上げます。 prevent-bg-text-style h1:not. つまり、オートバイ用ヘルメットについての通達なんですね。

>

【取り消し→再取得まで】OGKカブトのJIS取消について

工場の工場長や設計部門のマネージャも同席し、実現可能かつJIS認証を受け続けられる仕組みや体制づくりに取り組んでおられることも、期待を込めて想像することができます。 プロユースに信頼される技術をコンシューマー製品にも・・・は妥協なきプロダクト精神でこのテーマに挑みます。 バイク歴20年、名古屋在住36歳で愛機はZRX1200RとCBR1000RR。 2s;-webkit-transition:transform. より どうやら、「一般財団法人 日本車両検査協会」という団体が審査を行ったらしい。 というか、社会人1年目の今でもOGKのヘルメットを被っていますしね。 carousel-content:nth-child 2 ,. 株式会社オージーケーカブトについて OGKは自転車用のチャイルドシートや子供用自転車のホイール、またバイクのヘルメットなどの製品を製造している企業です。 経済産業省の発表当初はまだ詳しい情報が少なかったこともあり この発表内容に対して「ヘルメット自体に問題があった」と勘違いしている人も多くいました。

>

<OGK騒動の真相> カブト製品のJIS認証取り消し?~製品に対する審査じゃない、工場に対する審査です(webオートバイ)

2015年03月09日【新製品】ソフトタッチでゆったりとした「ラグジュアリー」なかぶり心地を実現、BOB-Zシリーズ• スピンドル• important;text-decoration:none;text-align:center;overflow:hidden;-moz-opacity:. 2017年04月03日【新発売】 システムヘルメット「」にニューカラー2色を追加• milpop-7• オージーケー技研株式会社(オージーケーぎけん、英称: OGK CO. は、産業標準化法に基づき、国により登録された民間の第三者機関(登録認証機関)がJIS(日本工業規格)への適合性を審査し、認証を受けることで、製品にJISマークを表示することができる制度です。 アタマやられたらイチコロですから。 つまりOGKのバイク用ヘルメットのJIS認証に対してであり、自転車用は影響ありません。 弊社オートバイヘルメットについてお詫びとお知らせ 平素は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。 アライのフルフェイスもありましたが、息子のリクルートスーツを買うために革ツナギと一緒に売りました。

>

オージーケーカブト

1s;-moz-transition:opacity linear. エアロブレード5やエクシードなど 今回の不祥事をバネにより良い製品をカブトさんには作ってもらいたいと思います。 これを受けてネットでは「産地を偽装している」との声もあったようですが、 一定の比率を守ることを前提に、外国で製造した部品を日本で組み上げて日本で品質検査したものは 日本製と称してよいことがあるようで、自動車などもこのケースが適用されることが多いそうです。 さいごに 今回の件は、JIS認証取り消しという点がフォーカスされて、「JIS規格に適合していないヘルメットを偽装していたのか!」と大騒ぎになりました。 J-CULES2• 2019年11月28日 重要なお知らせとして次のタイトルの記事がアップされています。 つまり 製品に対する通達ではなく、工場に対する通達です。 けれど、JISを取得していないヘルメットは安全面に関して不安があると考えて間違いないです。 日本企業の悪い話を耳にするのも辛いし、ここは素直に良かったところです。

>

【悲報】格安ヘルメットメーカーのOGKカブトさん、JIS認証取り消し : 乗り物速報

KL-mini XSサイズ ハーフカップ [ ]• user-notify-detail-content, user-notifies:not. (期待したい!) 楽しみに待ちましょう。 社内ではピリピリした雰囲気の中で社長・役員・幹部が何度も対策会議を開いているでしょう。 でも頑張ってもらいたいなぁ。 BR-1• SN-8• その中にはこんな文章が。 「人の命を守ること」安全性はヘルメットの真価が問われるにとっての永遠のテーマです。 この時の経験を基にバイク工学のブログ発信を2017年5月からスタート。 社内体制、社内規定を整備して二度と起きないようにします• なんとなく、作業日報がいい加減だったとかその程度なのかな? 「臨時の審査」とあるので、抜き打ち検査で引っかかっちゃったんでしょうね。

>

【結局どうなる?】OGKカブトJIS認証取消まとめ(ヘルメット)|ハルオブログ

わかりやすく言うと、本文2段目にもあるように「臨時検査をしたら、組み立て場所に関連する記録が長期間きちんと記載されていなかった」ので、それが「品質管理体制がJIS規格適合の基準を満たしていなくて」、それを重大だと認定したため、日本車両検査機関がJIS認証を取り消した、というものでした。 MFJから出ているJIS認証取り消しに対してのヘルメットの利用可否の見解も参考になります。 これによって令和元年10月25日の日本車両検査協会による臨時監査後の審査を経て、同年11月26日、衣摺工場のJIS認証取り消しの正式文書を受領しました。 長期間にわたり製品の組み立て場所に係る記録が適切に記載されていなかったことを確認しました。 PSCマーク 日本国内で販売されている「乗車用ヘルメット」は必ずこの表示があり、が定める技術基準に適合していることを示す。 引用: ここでポイントになるのは• 今回の件は恐らく、この更新審査時に「取り決めをしていた製造工場での生産比率を遵守していないこと」を指摘されたものと思われます。 走行を認めることができないぐらい、安全基準を満たしていないヘルメットということになってしまうのです。

>