ワンダ と 巨像 攻略。 【ワンダと巨像】巨像を倒してみた!16体目 最後で最強の巨像!PS4 攻略

ワンダと巨像攻略 クリア特典・追加要素

急所: 首 、頭まずはシェルターのような地下道がある場所まで巨像を誘導する 攻撃はしないこと。 右側に入口があります。 ただし登りきるには非常に強い握力が必要になります。 あと、尻尾に乗り込めなかったらリトライ。 2層目に上がったら、巨像を弓矢で挑発して柱を攻撃させ、3層目のブロックを下に落とす。

>

【ワンダと巨像PS4】トロフィーリストと効率トロコンでプラチナへ

あまり暴れることはないが、休憩時は甲羅まで戻る。 開発スタッフによると『掴む』アクションに特にこだわったとのこと。 トロフィー「力つづくまで」 泉の光に吸い込まれないように1分以上耐えた。 79 個の在り処については、海外のファンたちの人海戦術によって、発売直後から尋常ではない速度で調査され、ひとつひとつの場所についても、これらの情報なくして、このページの完成はなかった。 さすがリメイクという事もありグラフィックが想像以上にパワーアップしています。 地下道を抜けて崖沿いを進み、壁の入り口から地下道 3 へ。 すると武器を落とすので、装飾品を伝って、そのまま右掌まで腕を下りて最後の急所を突く。

>

ワンダと巨像 攻略Wiki : ヘイグ攻略まとめWiki

頭が終わったら「背中側」から、腹のリングに下りる。 (油断すると振り落とされます) 止まったら、いっきに登って頭を溜めで数回攻撃してください。 普通にやるとかなり時間厳しいが、上の動画のようなショートカットを使うと楽になる。 さらに、複数のコントロール設定が用意されるなど、操作面での改善も行われた。 クリア特典・追加要素 タイムアタックモードの出現 クリア後、いにしえの祠に並ぶ偶像を調べることで各巨像と制限時間を設けられたタイムアタックに挑戦できる。 巨像を欺くのがけっこう難しいですが、、、谷や洞窟に隠れていると、巨像はワンダを見失います。

>

PS4ワンダと巨像レビューネタバレなし、伝説の神ゲーがリメイク!

カテゴリー• トロフィー「甦りしものと封印されしもの」 ノーマルモードでゲームクリアした。 頭攻撃中に一度は潜航してしまうと思うので、再度乗り込む必要がある。 外部リンク [ ]• 地面ぎりぎりで1回だけつかまると効率的。 呪術師たちは逃げ、エモンが「古の剣」を祠の泉に投げいれると、ドルミンは泉へと吸い込まれた。 右手攻撃の衝撃はジャンプで避けないと、よろけてしがみつきに間に合わない。

>

【ワンダと巨像】巨像を倒してみた!16体目 最後で最強の巨像!PS4 攻略

か黙なストーリー、キャラ 死んだ少女の魂を取り戻すというのが主人公ワンダの目的ですが、物語自体があまり語られずキャラクターもほとんど喋ることもないので 想像力を働かせて理解していくことになります。 巨像が突っ込んできたら待ち構えて、巨像の肩にある毛につかまる。 巨像を待たずに、一番近くにある地下道の入り口から中に入ってすぐに反対から出る。 」 にはソニーピクチャーズ主導でハリウッド映画化されることが発表されている。 2時間10分でクリア。

>

ワンダと巨像攻略 クリア特典・追加要素

あとは頭を攻撃するだけなのですが、かなり揺れます。 右肘の弱点は弓でも武器落とし出来るらしいけど、私は当てることが出来ない…ブレブレ。 祠があるので、光る尻尾のトカゲをゲットです。 たった一人の少女の命を救うためだけに、罪のない16体もの命を奪おうとするワンダ。 おっりゃ~ 巨像は右手で左腕をおさえるので、巨像の右手にジャンプして飛び乗ります。 トロフィー「いつか報われる時代へ」 ハードモードでゲームクリアした。 最後まで破壊すると壁が崩れて、遺跡のスタート地点に戻る。

>

【ワンダと巨像】巨像を倒してみた!16体目 最後で最強の巨像!PS4 攻略

おっ、これならとどきそう。 ジャンルはアクションアドベンチャー。 左手の甲へ移動し、一度手の甲を刺しておきます。 ここまで来ると光弾は撃ってきません。 時間は十分にあるので落下さえなければ大丈夫だろう。 木の実は3つなっているので弓矢でゲットしよう! あの谷間を目指します。 もう少し攻略のバリエーションがあればいいのですけど。

>

ワンダと巨像

落ちてきたら。 やり方ですが、池のそばの高い場所から狙います。 巨像の居場所 2 - 剣をかざして巨像を探そう 日の当たる場所で剣をかかげれば、巨像の居場所に光が向きま~す。 この弱点を見つけそこまでたどり着くにはどうすればいいか知恵を絞り、そして弱点に到着してからの巨像との攻防がこのワンダと巨像の一番面白いところだと思います。 またタイムアタックモードで取得したアイテムも所持したままとなる。 。

>