旭化成 工場 火災。 AKM旭化成のチップ工場の大火災がカメラの製造にも影響が出ている可能性がある?(PhotoRumots)

旭化成系工場火災が鎮火 延岡 出火原因は不明:朝日新聞デジタル

火災は10月20日、旭化成の子会社「旭化成マイクロシステム」の延岡事業所で起きた。 世界中のプロオーディオメーカーは使用している重要なDACおよびADCチップの予想される不足に直面している。 注目されてきた超ハイスペックDAC-IC ここ数年は、ESSを追い越すスペックで海外のハイエンドオーディオメーカーからも一目置かれる旭化成のDAC-IC。 一番上の写真を見てわかる通り、屋上からの天井が崩落していますので、半導体製造に必要なクリーンルームの建屋を直すだけでも数ヶ月から半年はかかると思われます。 同社ホームページでの公式発表があれば、本記事内で改めて紹介する。

>

<最悪の場合、このまま生産終了になる機種も?>JVCケンウッド、旭化成の工場火災で「無線機のほぼ全機種の製品供給に影響」と発表

そして、 デジアナ完全分離の2チップDAC「AK4498+AK4191」。 工場復旧のめどは立っていない。 。 工場内にスプリンクラーはないが、法定の消火器と消火栓は備えている。 「日本勢が得意な5G向けの小型品はさらに高い」(電子部品商社)という。

>

<最悪の場合、このまま生産終了になる機種も?>JVCケンウッド、旭化成の工場火災で「無線機のほぼ全機種の製品供給に影響」と発表

6ミリサイズなどと同等機能だ。 こちらが旭化成マイクロシステムの製品情報ページですが、やはりオーディオチップの製造が筆頭に来ており、また他にも電子機器やカメラに関係がありそうな高機能のチップ製造を行なっているようです。 製造工程で一般に使われる化学物質モノシランは爆発性だが、保有量は少なく、容器に密閉して、出火棟とは防火壁で隔てられた棟で保管しているため、危険性はないと判断したという。 ナカヨ: 固定電話などを製造するナカヨは工場の火災により生産や販売に影響が出る可能性があると公表している。 同事業所は音響関連や自動車のセンサーに使うLSIを製造し、競争力が高い。

>

延岡 火災工場の雇用確保を要請|NHK 宮崎県のニュース

今年の春以降、もともとオーディオインターフェイスは入手しづらい状況だったので、DTMユーザーとして、すでにとれる対策もないのですが、比較的高価なオーディオインターフェイスであれば、まだ流通しているので、どうしても欲しい人は早めに入手しておくのが得策かもしれません。 5階建ての4階にあるクリーンルームから出火。 日本の水晶部品メーカーは高い技術力が評価され、世界シェアの5割弱を握る。 すでに知っている方も多いかもしれませんが、先月末に旭化成で大規模な火災が起こり、 4日間でようやく消火されました。 5s linear infinite;-moz-animation:spin 1. nui-icon--ise-rc-dow-state-owned,. 本サイトの情報の利用、内容、サービスによって、利用者にいかなる損害、被害が生じても、著者は一切の責任を負いません。 2万枚程度を保有するとみられる。 復旧のめどは立っておらず、カーオーディオなど車載関連にも使われているため、自動車各社に影響が波及することも懸念されている。

>

10月の工場火災が旭化成の生産に影響 メーカーへ半導体の供給できず

工場復旧のめどは立っていない。 宮崎県延岡市の旭化成マイクロシステム延岡事業所(同市中川原町5丁目)の火災は24日午後0時25分に鎮火した。 けが人はいなかった。 水晶片の電極に電気を流すと震え出す。 10月20日に起きたAKMの工場火災により、DACやADCチップの生産が止まっている Banner A1 728x90 伸縮サイズ DAC=Digital to Analog ConverterおよびADC=Analog to Digital Converterは、オーディオインターフェイスの心臓部でもある部品。

>

旭化成系工場火災が鎮火 延岡 出火原因は不明:朝日新聞デジタル

影響については現在精査中ですが、現時点で当社の今期業績に与える影響は軽微です」としている。 具体的にはー、機、業務用無線機ほぼ全機種の製品供給に影響が発生する見込み。 影響を受けてくるところがスマートフォン、家庭用オーディオ(DACなど)、そして カーナビ、カーオーディオといった機器になるとのことです。 10月に火災が起きた延岡市の「旭化成エレクトロニクス」の工場では、関連会社の従業員を含め、およそ800人が働いていますが、今も操業再開の見通しはたっていません。 月1万5千枚の少量多品種生産で、中には特殊な半導体もあり他社が代替生産するハードルは高いという。 火災は10月20日、旭化成グループの「旭化成マイクロシステム」延岡事業所で発生した。 旭化成延岡支社は24日、記者会見を開き、濱井研史支社長らが関連会社での火災発生を陳謝した。

>