察する 敬語。 拝察の意味や類語とは?拝察する/拝察いたします/推察/敬語/謙譲語

「察する」の意味と使い方を解説!敬語や類語も例文つきで紹介

事情を理解してほしい場面や、相手の配慮に感謝する場面などで使われます。 心中お察ししますと言われたときの返事 心中お察ししますと言われるような状況では、黙礼で対応しても問題ないといえます。 ただし、依頼や謝罪の意味で使うと、少しニュアンスが異なります。 その前提を覚えてしまえば、気持ちの良い日本語を話せるようになります。 忙しい時間は会社によって違います。 物理的に液体をすくい上げるだけではなく、内面的な気持ちをも表面に浮かび出させる、といった意味にも転じて使用されます。

>

「お汲み取り」の意味と使い方は?類語や例文が気になる!

単体でも『推察』の尊敬語として扱われます。 さらに言い換えれば、 「表面化していない事象を分かるようになる」、「精神的な問題を考え、知覚する」、「物事の内側にある意味をとらえる」といったニュアンスも含む表現です。 そのとき、「明日中に返信したいと思っております」としてしまうと、返信が確約できていないので、信用性がない答えになってしまいます。 ご賢察のほど 分かってほしいことを丁寧に懇願する場合には、『ご賢察のほど』を使った敬語表現を使いましょう。 ただし、「ご拝察」に「ご」をつけるのは間違いだと考えている人もいるので何とも言えません。 相手が困ったり悩んでいる時に、その気持ちを理解してなぐさめるために使います。

>

「察するに余りある」の意味/類語/敬語表現・使い方と例文

立場が上の人でも、強い敬意を払うべき人に使うような言葉だといえます。 「拝察」の使用例1つめは、「胸中拝察申し上げます」といった、お悔みを伝える時です。 拝察は、「思う」「考える」のへりくだった表現(謙譲語)であり、推察を丁寧に言い換えた敬語表現として使われます。 「拝察」と「推察」の違い 「ご推察」は、相手の動作を敬う表現 推察に「ご」をつけた「ご推察」は、相手を敬う表現として使われます。 口語ではほとんど使われないと考えてよいでしょう。 社会人になってからはさまざまな人とのつながりが増え、仕事の状況や相手の思考を「察する」ことも増えてきます。 「自責の念にかられております」のように自分を恥じる思いや自分を責める気持ちを前面に出して謝罪をしているというわけではありませんが、以後そのようなことがないように致しますという気持ちを込められているときに使われる表現ではあります。

>

「お察し」は目上の人や上司に使える?言葉の意味や言い換え表現を徹底検証!

「お察しします」でも伝わります。 目標を達成できなかったときや相手の期待に添えなかったときなどに使われます。 心中お察します。 「察する」とは、「 おしはかって考える・思いやること」で、「お察し」は相手の気持ちを推測したり、自分の気持ちを推測してもらいたい場合に使用する言葉になります。 相手が何かを察することについて、敬意を示す言葉です。 皆様にはご迷惑をお かけいたしますが、ご賢察の上ご理解賜りますようお願いいたします。 この場合の 「汲み取る」は、 「相手が言おうとしていることを理解し、暗黙の内に察する」、あるいは 「表には出ていない相手の心の内や裏の事情について、こちらから考え、推察する」という意味合いになります。

>

「拝察」の意味とは?「拝察いたします」?注意点や類語、英語表現など

「拝察」などがこれに当たります。 しかしビジネスシーンや冠婚葬祭の場面などのかしこまったときに使うことが多いので、いざというときに「拝察」が使いこなせるようになっておくと今後に役立ちます。 他の就活生がマナーを守る中、振る舞い方を知らないでいると慌てることになります。 言い方は違いますが「言い訳のしようがありません」「言い訳のしようがございません」「弁解の余地がございません」というのも似たような意味合いで使えます。 」といった形で使います。 「気配を察する」「事情を察する」のように使われる単語です。

>

ご賢察っていつ使う?意味や例文・類語表現もチェック|MINE(マイン)

・弊社の役員全員が、当案に賛成の意思を示しています。 今後使っていく機会のために覚えておきたい単語になります。 したがって、「ご賢察してください」などといった言い回しは間違いです。 また、高名な博士や学者のような見識者に、仕事上で作成した重要な文章の監修などを求めるような場面でも、使用に値する表現といえるでしょう。 したがって、「ご賢察してください」などといった言い回しは間違いです。

>