黒川 訓告。 黒川氏訓告処分「官邸が実質決定」 法務省は懲戒相当と判断|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

黒川氏訓告処分「官邸が実質決定」 法務省は懲戒相当と判断|行政・社会|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE

通常であれば,最低でも,戒告や減給の懲戒処分がくだされるケースで, 黒川検事長が特別に訓告で終わるのでは, 国家公務員の懲戒処分のバランスが保てませんし, このように軽い処分で終わらせるのには 何か裏があるのではないかと疑われます。 久しぶりに政治を揺るがせるような記事が既存の大手メディアから出たことに、筆者はジャーナリズムの希望を感じる。 - 毎日新聞 2020年5月20日• 法務省も、黒川は検察庁法改正で、検事総長を務めた上で定年65歳の段階で国家公務員法の規定を準用した場合は68歳まで検事総長を務めることができる、と述べた。 森雅子法相は、黒川氏の処分が公表された後の22日の会見で、黒川氏が訓告処分になった経緯について「内閣と様々協議を行った。 これは検察とメディアの癒着が元々から疑われていたとはいえ白日の下に晒されたので非常に大きい出来事だと言えるでしょう。 国民目線で政策を決定していくことで支持率が少しずつ回復していくと思う」と述べました。 しかしながら、2020年1月31日ので定年後も半年間勤務延長されることが決定され、のからは「検察庁の業務遂行の必要性に基づき引き続き勤務させる」との説明がなされた。

>

黒川検事長に下された「訓告」とはどんな処分?懲戒免職とどう違う?

今回の一連のことで、いきなり安倍総理大臣の責任に及ぶわけがない」と述べました。 林氏は愛知県出身。 むしろ、黒川氏の立場からすれば、より起訴を受ける可能性が高い状況にあったのではないだろうか。 2010年12月 弁護士登録(金沢弁護士会所属) 最近の投稿• 一方、法務省は、検察に対する信頼回復を図るため、裁判官や弁護士に加え有識者も参加した新たな会議を設け、対応策を検討していくことになりました。 その人の退職金議論。 処分の内容は、重い方から、 懲戒解雇 処分が決定した時点で即時解雇。 安倍は5月15日に、のインターネット番組に出演し、「定年延長はが提案した話であり、官邸側はこれを了承したに過ぎない」と発言した。

>

黒川氏の賭け麻雀辞任「訓告」処分だけの大疑問

黒川検事長の非常に愚かな行為は大問題。 その上、黒川氏が検察庁のナンバー2という要職にあったことを考えれば、より重い懲戒処分が科されてもおかしくない状況であった。 『東大人名録,第1部』1992年発行、32ページ• 調整の結果、最終的に同省の内規に定める訓告処分と決まった。 誰に対しても同じ処分が行われなければ公平ではない」。 また、野党は法案制定時に政府が答弁した法解釈を後年、変更するという2020年1月31日決定の黒川への脱法的人事を事後的に正当化しようとしている、と主張した。

>

【炎上】黒川弘務の訓告処分の理由がやばい!退職金が7000万円に批判殺到!

停職・・定期間、職務に従事させない処分をいう• 自民 森山氏「しっかり説明する必要がある」 自民党の森山国会対策委員長は記者団に対し、黒川氏の処分について「政府の説明を聞くかぎり何ら問題はないように思うが、国民の関心も高いので、よく理解してもらえるよう、しっかり説明する必要がある。 これに対し、森法務大臣は、「法務省で協議し、任命権者の内閣とも並行して協議を行った結果、監督上の措置として最も重い訓告が相当と考えた。 詳細は当該項目を参照。 あそこまで近くにいくならばさしに行けるような記事の一本でも書けよという話です。 定年延長から始まった黒川検事長の問題は, 最後まで迷走を深める結果となり,残念でなりません。

>

なぜ?黒川氏「訓告」止まり 内閣の責任問題回避か|【西日本新聞ニュース】

Contents• まともな法治国家とは言えない」と述べている。 そのうえで、「総理大臣として責任を持っている。 この過程でいろいろな意見を申し上げたが、最終的には任命権者である内閣において決定された」と説明。 近畿・北陸• なので、懲戒処分を受けると段階によって色々な罰が課せられます。 むしろ、どちらかというと、「芸能人の不倫の現場まで撮ろうとする ハイエナのような人たち」という印象を抱いているのではないか。 国民の批判に対しては、真摯に受け止めなければならない。 1983年12月20日生まれ。

>

橋下徹「北朝鮮みたいな国になっちゃいますよ」 黒川氏への「訓告処分」を批判: J

既存メディアの出身者としてそう願っていた。 確かに訓告処分の主体は検事総長だが、実質的には事前に官邸で決めていたといい、その経緯に言及しない首相の姿勢に批判が高まるのは必至だ。 黒川氏は新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言中、新聞記者らと賭け麻雀をしたことが、21日発売の「週刊文春」の報道で発覚。 このメンバー以外にも昔からやってたはずだと思う。 しかも相手はマスコミ界。

>

なぜ?黒川氏「訓告」止まり 内閣の責任問題回避か|【西日本新聞ニュース】

人物 [ ]• 主に: 政府提出法案制定時に政府が答弁した法解釈を後年、変更した前例があるかどうか ( 2020年5月) 検事長の定年は63歳であり、黒川は誕生日前日の2020年2月7日に退官する予定であった。 裁判で刑が確定しないと処分は下りません。 人事院の「懲戒処分の指針」は、賭博をした職員は「減給」または「戒告」と規定しているが、黒川氏は懲戒処分よりも軽い「訓告」にとどまった。 賭けマージャンの問題で辞職した東京高等検察庁の黒川弘務前検事長とは任官同期で、林検事長は次の検事総長の有力候補とみられていました。 これは「張りこみ」取材で事前に隠し撮りしていた映像を、逮捕などのタイミングで放送しているのだ。 罪を犯した人の再犯防止や社会復帰支援に積極的に取り組んできたことでも知られています。 「(レートが)1000点100円だから、1000点200円だったらどうなんですか?1000点300円だったらどうなんですか?っていう議論になるからやっぱりおかしい。

>