サラトガ デュー。 サムシングロイヤル

【サラトガデュー】の例文集・使い方辞典

米国産• 門別産• このほかでは第6子の(父First Landing)がガルフストリームパークハンデキャップなどに、第9子のシリアンシー(Syrian Sea、父ボールドルーラー)がセリマステークスなどに勝っている。 米国産• 米国産• 黒鹿毛• 産駒なし• 産駒なし• 2005年• 2018年• 米国産• 2016年• 産駒名をクリックで詳細データに移動します。 2005年• 新冠産• 門別産• 1997年• 黒鹿毛• 就役後、サラトガはにで艦載機を搭載した。 ピースアンドウォー NF G1馬• アーモンドアイ 牝馬三冠,ジャパンC,ドバイターフ• キングオブコージ 目黒記念-G2• 産駒なし• 2000年• においての名を受け継いだ艦としては5隻目にあたる。 黒鹿毛• _________• 新冠産• 三石産• 2020年• 米国産• 2008年• 2010年• 2011年• コンテスティッド 社F G1馬• メジャーエンブレム NF G1馬• 2015年• サムシングロイヤルの産駒の中で最も活躍したものが、第13子にあたる父の牡馬(Secretariat)であった。

>

【サラトガデュー】の例文集・使い方辞典

静内産• 2006年• 米国産• に近代化改装のためブレマートンに戻り、それが終わると関係が悪化していたに対する威嚇のためハワイに何度か足を運んだ。 5から2倍の炸薬を搭載しているのではないかと推測された。 産駒なし• 1942年7月7日、アメリカ軍はソロモン諸島方面で反撃の準備のため、サラトガは真珠湾を出港してに展開し、8月にが始まった。 三石産• 血統表 [ ] サムシングロイヤルの (血統表の出典). 000 120万 引退 セン 1998年 3 2 0 4 1 3 13 0. 荻伏産• 青鹿毛• の開戦時から参加して生き残った航空母艦3隻のうちの1隻(他の2隻はと )で、サラトガは8個の従軍星章を授与され、に海軍籍から除籍された。 、サラトガはエンタープライズと合流するためハワイを出港したが、の(艦長)に雷撃され、魚雷1本がサラトガの左舷中央10番ボイラー室付近に命中した。 2017年• 米国産• サラトガはスクラップとしての払い下げは行われず、に行われたでの()の標的艦に使用された。

>

繁殖牝馬サラトガデューの産駒一覧|競馬リスト

2016年2月26日閲覧• 稀代の名競走馬として名を馳せたセクレタリアトも種牡馬として、アメリカ殿堂馬や、アメリカ二冠馬などといった活躍馬を多数送り出した。 門別産• 性別が 青は牡馬、 赤は牝馬、地域が 緑は海外史実馬となります。 2013年 年度代表馬に選出• 民間人が通常のダイビングで到達できる沈船航空母艦は、現在のところサラトガとフロリダ沖メキシコ湾内のの2隻のみとなっている。 2008年• 三石産• 2009年• 2003年• 2006年• 2014年• 2004年• 2014年• 000 0 引退 牝 2003年 0 0 0 0 0 0 0 - - - 0 引退 セン 2002年 3 2 1 3 1 9 19 0. 産駒なし• の2番艦。 三石産• しかしウェーク島がの制空権下にあり日本軍が上陸したことが判明し、12月22日にウェーク島救援は中止された。

>

繁殖牝馬サラトガデューの産駒一覧|競馬リスト

米国産• 新冠産• 青鹿毛• 1996年• 産駒なし• 1999年• ヴァルディゼール シンザン記念-G3 2015年産• 産駒の競走成績 [ ] 最初のステークス競走勝ち馬は第3子の(Sir Gaylord、父)で、2歳時からグレートアメリカンステークスなどに勝って路線の一角となるが、故障によりを目前に引退した。 2017年• 浦河産• 米国産• イベリス アーリントンC-G3• ステルヴィオ マイルCS• 高松宮記念 種付け料の推移と種付け頭数 初年度産駒から歴史的名牝 アーモンドアイが誕生し、種付け料も当初の3倍となる1500万円に。 の「BAKER実験」において発生した核爆弾の水中炸裂の写真 中央の艦がサラトガ。 母父 ストームキャットは日本の芝に適したスピード能力を有し、距離の融通も利く種牡馬。 三石産• 浸水量は1100tとされ傾斜の修正のために320tが反対側に注水された。 2000年• 2008年• 静内産• 2004年• 宮崎産• 三石産• 黒鹿毛• 産駒なし• グルーヴィット 中京記念-G3• 316 740万 引退 牝 2001年 0 0 0 0 2 5 7 0. スクールミストレス NF G1馬• 1992年• サラトガの搭載機は東部ソロモン海戦()で日本海軍の空母を撃沈するが、哨戒中またも潜水艦の雷撃を受けた。 2004年• 2014年• 1997年• 1988年• サンビスタ G1馬• この時、サラトガの航空隊がハワイになければ、空母ヨークタウンも有効な戦力になり得なかった可能性も否定できなかった。

>

アドマイヤファイン

三石産• ロードカナロアについて スプリントの絶対王者。 2013年• 門別産• 宮崎産• 2009年• 産駒なし• 熊本産• サラトガはのやサンディエゴで整備を行い、演習や訓練に従事していたが、勃発の翌年にへ移動し、再び演習や訓練に従事した。 産駒なし• 反攻 [ ] アメリカ海軍は日本軍との戦いで失った航空隊の補充が追いつかず、空母が航空隊の訓練のため離脱したものの、サラトガと空母が戦列に加わった。 安田記念、香港スプリント2回、スプリンターズS2回、高松宮記念•。 新冠産• サラトガは幾多の損傷を受けつつも第2次世界大戦を生き延び、終戦時にはアメリカ海軍において最も古参の空母のうちの1隻であった。 産駒なし• 2007年• 1998年• ダノンスマッシュ 京王杯SC-G2 血統(牝系・サイアーライン) ロードカナロアの血統は セクレタリアトと縁が深い。

>

ロードカナロアの種付け料の推移と注目幼駒【種牡馬】|ほどよい競馬

三石産• 2016年• 静内産• 三石産• 黒鹿毛• 2000年• 2005年• 黒鹿毛• 米国産• その際、40mm機関砲など対空火器の増設が行われた。 だが、同様の訓練を行っていた軽空母のが夜間発着の困難と比べてあまりにも小さいことから、サラトガがに参加することになって急遽真珠湾から出港した。 1月29日から3日間、艦載機がウオッゼ、タロア、エニウェトクの日本軍を空襲し、2月28日まで防空に従事した。 熊本産• 同様の手法で5月17日にのを空襲した()。 2002年• 2007年• 米国産• 産駒なし• 繁殖牝馬 [ ] 繁殖牝馬として大きな実績を挙げた馬に、セクレタリアトの全姉にあたる第12子・ザブライド(The Bride)がいる。

>