多賀城 市長 選。 多賀城市長選 元県議の深谷氏、正式に出馬表明

人口減少、財政立て直しをどうする?多賀城市長選は新人・現職の一騎打ち! | 日本最大の選挙・政治情報サイトの選挙ドットコム

菊地は10月9日付で辞職。 脚注 [ ] []. 復元が進む多賀城跡南門を活用した交流人口拡大、市内の小中学生の公共施設利用無料化、JR陸前山王駅周辺整備などを重点施策に掲げた。 菊地の辞職に伴い10月25日に行われた市長選挙に自民党・公明党の推薦を受けて立候補。 多賀城市議2期を経て、2015年の県議選に初当選。 議会活動でも隣の席になることが多く、 今回、深谷こうすけさんは県議会議員を辞職して 新たな挑戦に臨むということで、 私も精一杯の応援をしているところですが、 ほんの少し寂しい気持ちもないわけではありません。 投票は午前7時~午後8時に市内19カ所で行われる。

>

宮城・多賀城市長選 きょう投票

投開票は10月25日に行われます。 深谷 晃祐(ふかや こうすけ)氏 深谷 晃祐(ふかや こうすけ)氏[無所属(自民、公明推薦)新人:40歳] プロフィール(経歴) 元県議。 深谷氏は「人口減少社会を止める街づくりに取り組む。 【選挙区分】 市区町村長 【市区町村】 宮城県多賀城市 【選挙事由】 欠員による 【告示日】 2020年10月18日 (翌日から投票日前日までが可能です) 【投票日】 2020年10月25日 【定数】 1人 【立候補者】 2人 (用語参考:) 多賀城市長選挙の立候補者と選挙結果速報 多賀城市長選挙の立候補者ならびに結果速報は以下の通り。 菊地健次郎前市長の辞職に伴う宮城県多賀城市長選は25日に投票が行われ、即日開票される。 投票率は48.27%で、前回2018年を10.45ポイント上回った。

>

多賀城市長選 前副市長の鈴木氏が出馬を正式表明

多賀城市長選挙2020年の立候補者は?(2名のプロフィール・公約・政策) 2020年10月25日投票の多賀城市長選挙は、いずれも無所属新人で、前県議の深谷晃祐氏(40歳)と、前副市長の鈴木明広氏(67歳)との一騎打ちです。 公約・政策・主張 市議や県議を務めた経験をもとに、小中学生や親子世帯を対象とした公共施設の無料化や財政健全化を公約に掲げています。 当時の行政機関である「国府」と、兵士の駐屯・監督場所である「鎮守府」が置かれ、東北の政治・軍事・文化の拠点として栄えました。 【開票場所・時間】 即日開票(市総合体育館にて)。 履歴:市議・自民党県青年局長。

>

深谷晃祐

17日に2期目途中で県議を辞職した。 得票数1位で初当選し、自民党現職の寺沢正志は次点で落選した。 2020年(令和2年)8月28日、多賀城市長のが健康上の不安を理由に辞任を表明。 を挟み、2011年(平成23年)9月に執行が延期された市議選で再選。 元議員(2期)、元多賀城市議会議員(2期)。 【執行理由】 辞職• 告示日:2018年7月29日• どうしても多賀城市をよくしたい、 どうしても宮城県をよくしたい、 どうしても日本をよくしたい、 そう思ったら、 たとえ先輩議員であっても、 政策の議論を真正面からしていく、 そんな政治家でなければ私たち市民の代弁者である意味がありません。

>

多賀城市長選 前副市長の鈴木氏が出馬を正式表明

長(1期)。 深谷 晃祐(ふかや こうすけ)氏 深谷 晃祐(ふかや こうすけ)氏[無所属(自民、公明推薦)新人:40歳] プロフィール(経歴) 元県議。 44年間の長い行政経験を生かした市財政の安定化なども強調したが、及ばなかった。 しかし、今回の深谷こうすけさんの多賀城市における挑戦は、 大変厳しい戦いになりそうです。 また、立場の弱い方々への視点も常にあります。 宮城県 多賀城市(たがじょうし)• 更新日:2020年10月25日 選挙の結果 多賀城市で行われた選挙の結果を、投票結果(投票区別の投票者数・投票率など)と開票結果(候補者別得票数、得票率など)に分けて掲載しています。 2007年(平成19年)4月22日に行われた多賀城市議会議員選挙に立候補し初当選した。

>

多賀城市長選 元県議の深谷氏、正式に出馬表明

プロフィール 多賀城市長選挙候補者 深谷 ふかや こうすけ• 2015年(平成27年)、宮城県議会議員選挙の多賀城・七ケ浜選挙区(定数2)に無所属で立候補。 多賀城市議会議員 当選回数 2回 在任期間 2007年 - 2015年 深谷 晃祐(ふかや こうすけ、 - )は、の。 【投票日及び開票日】 2020年10月25日• 多賀城市長選挙(2018年8月5日投票)• 17日現在の有権者は5万2029人。 深谷こうすけは、10年先、20年先、30年先までの 多賀城を背負うことができます。 2020年の多賀城市長選挙の日程と実施概要【告示日・期日前投票期間・投票日など】• 鈴木氏は多賀城市出身、東北学院大卒。 古代東北における中央政府の拠点であったことから、多賀城には万葉集の編者といわれ、晩年を多賀城で過ごした大伴家持をはじめ、教養豊かな官人が多く赴任してきました。 菊地健次郎前市長の辞職に伴う多賀城市長選は25日、投票が行われ、即日開票の結果、無所属新人の元宮城県議深谷晃祐氏(40)=自民・公明推薦=が、無所属新人の前副市長鈴木明広氏(67)を破り、初当選を果たした。

>