プログラフ カプセル。 医療用医薬品 : プログラフ (プログラフカプセル1mg 他)

プログラフカプセル5mg[自己免疫疾患用剤]

8. 〈重症筋無力症〉副作用の発現を防ぐため、投与開始3カ月間は1カ月に1回、以後は定期的におよそ投与12時間後の血中濃度を測定し、投与量を調節することが望ましく、また、本剤により十分な効果が得られた場合には、その効果が維持できる用量まで減量することが望ましい• 免疫抑制剤を投与されたB型肝炎ウイルスキャリアの患者において、B型肝炎ウイルスの再活性化による肝炎があらわれることがある。 以下の病気・症状がみられる方は、• 4円 タクロリムスカプセル5mg「ファイザー」 (剤形違い) ファイザー 403. けいれん、意識障害、言語障害[可逆性後白質脳症症候群、高血圧性脳症、進行性多巣性白質脳症(PML)などの中枢神経系障害]• 5 排泄 代謝物の大部分は胆汁中に排泄され、未変化体の尿中排泄率は1%以下であった(外国人データ)。 心移植の拒絶反応の抑制• 腎毒性のある薬剤 アムホテリシンB アミノ糖系抗生物質 スルファメトキサゾール・トリメトプリム 非ステロイド性抗炎症剤 等 腎障害が発現することがある。 高齢者• 〈多発性筋炎・皮膚筋炎に合併する間質性肺炎の場合〉通常、成人には、初期にはタクロリムスとして1回0. 以上から、室温保存に問題はないと考えられる。 医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。 感染しやすくなりますので、手洗いやうがいを行い、規則正しい生活を心がけてください。

>

ネオーラルやプログラフは食前に飲んだ方が効く?

1. 〈効能共通〉血液中のタクロリムスの多くは赤血球画分に分布するため、本剤の投与量を調節する際には全血中濃度を測定すること• 5倍の経口投与量で同程度の血漿中濃度が得られた(外国人でのプログラフカプセル投与時のデータ)。 2 関節リウマチに間質性肺炎を合併している患者 間質性肺炎が悪化する可能性がある。 プログラフは、効果が強力であるため、副作用も多いと言われています。 6のみ グラセプター 1.下記の臓器移植における拒絶反応の抑制 腎移植、肝移植、心移植、肺移植、膵移植、小腸移植 2. 骨髄移植における拒絶反応及び移植片対宿主病の抑制 用法 プログラフ:1日2回 朝夕経口投与 グラセプター:1日1回 朝経口投与 用量 プログラフ:臓器ごとに違うため添付文書参照 グラセプター:腎移植は0. 口渇、多飲・多尿、疲れやすい[糖尿病および糖尿病の悪化、高血糖]. また、症状が安定した後にはステロイド剤の漸減を考慮すること。 潰瘍性大腸炎:通常、成人は初期には1回タクロリムスとして0. (禁忌) 2. 5mgを使用している時はセイヨウオトギリソウ含有食品を摂取しないよう注意してください。

>

プログラフカプセル1mg ジェネリック 医薬品(後発品)薬価差額一覧 Genecal ジェネカル

そこから関節リウマチや潰瘍性大腸炎にも応用され、多くの自己免疫疾患に対しても使われる薬です。 ・関節リウマチ患者に使用する場合には、関節リウマチ治療に精通している医師のみが使用するとともに、患者に対して本剤の危険性やプログラフカプセル0. そのため、 免疫の働きを抑えることができれば、病気の症状も鎮めることができると分かります。 11. 〈潰瘍性大腸炎〉治療初期は頻回に血中トラフ濃度を測定し投与量を調節するため、入院又はそれに準じた管理の下で投与することが望ましい• プログラフの副作用として、もっとも多くて、注意が必要なのは、腎障害です。 人により副作用の発生傾向は異なります。 そこで体の免疫系が移植された他人の臓器を異物と認識してしまい、攻撃を始めます。 これ以外の副作用には、下記のものがあります。 〈潰瘍性大腸炎の場合〉通常、成人には、初期にはタクロリムスとして1回0. また、移植片対宿主病発現後に本剤の投与を開始する場合には、通常、タクロリムスとして1回0. 1. 併用禁忌: 1). 生ワクチン(乾燥弱毒生麻しんワクチン、乾燥弱毒生風しんワクチン、経口生ポリオワクチン等)〔2. 5mgを使用できません。

>

プログラフ副作用 :薬によるもの

5mgの使用は、その治療法に十分精通している医師のもとで行うこと。 発熱、全身倦怠感、かぜのような症状[感染症]• 通常、成人にはタクロリムスとして3mgを1日1回夕食後に経口投与する。 なお、大脳、小脳へは低濃度の移行が認められ、放射能の消失は遅かった。 プログラフの形状には、カプセルと顆粒タイプがあります。 ・本剤に対し過敏症のある方 ・妊娠中または妊娠している可能性のある方 ・授乳中の方 ・シクロスポリン、ボセンタン、カリウム保持性 利尿剤の投与を受けている方 ・重い腎機能障害のある方 ・重い高カリウム血症のある方 ・皮膚感染症のある方 以下の方は、使用にあたって注意が必要です。 腎機能障害• 〈肺移植の場合〉通常、初期にはタクロリムスとして1回0. ) 2 市販後の調査において、小児腎移植患者5例(平均年齢9歳)にプログラフ(平均投与量0. 本剤血中濃度のモニターを行い、必要に応じ減量・休薬等の処置を行う。 。

>

タクロリムス錠はプログラフカプセルと同等か?

〈腎移植の場合〉通常、移植2日前よりタクロリムスとして1回0. 免疫の中でも細菌などの異物を認識して抗体産生に関わったり、病原微生物を直接殺したりする重要な細胞としてT細胞があります。 あなたの用法・用量は 医療担当者記入• <関節リウマチの場合>• 例えば、関節に対する自己免疫疾患が関節リウマチであり、全身のあらゆる部分で炎症が起こる場合は全身性エリテマトーデスとなります。 通常、初期にはタクロリムスとして1回0. 併用して使用する際には、医師・薬剤師に相談しながら指示を仰いでください。 (高齢者) 患者の状態を観察しながら慎重に投与すること(一般に生理機能(腎機能、肝機能、免疫機能等)が低下している)〔7. プログラフは、効果が強力であるため、副作用も多いと言われています。 リウマトレックスやアザニン、イムランとかエンドキサンとかプログラフ以外の免疫抑制剤には添付文書上特に食後という服用時点の指示は無い。

>

ネオーラルやプログラフは食前に飲んだ方が効く?

9). 免疫抑制作用を有する薬剤(免疫抑制剤(副腎皮質ホルモン剤等)、抗リウマチ薬<DMARD>(メトトレキサート等))〔8. また、本剤により十分な効果が得られた場合には、その効果が維持できる用量まで減量することが望ましい。 〈腎移植の場合〉通常、移植2日前よりタクロリムスとして1回0. ただし独特のにおいがあり、服用を嫌がる小児も多い。 プログラフカプセル5mgの用途• (腎機能障害患者) 腎機能障害患者:腎障害が悪化する可能性がある(副作用の発現を防ぐため、定期的に血中濃度を測定し、投与量を調節することが望ましい)。 シクロスポリンはCYP3A4で代謝されるため、併用した場合、競合的に拮抗しシクロスポリンの代謝が阻害される。 また、拒絶反応発現後に本剤の投与を開始する場合には、通常、タクロリムスとして1回0. 呼吸困難、息苦しい[呼吸困難、急性呼吸窮迫症候群]• 関節リウマチの高齢者 65歳〜• 重症筋無力症、ループス腎炎:通常、成人は1回タクロリムスとして3mgを1日1回夕食後に服用します。 ・腎移植、肝移植、心移植、肺移植、膵移植、小腸移植 における拒絶反応の抑制 ・骨髄移植における拒絶反応及び移植片対宿主病の抑制 ・重症筋無力症 ・関節リウマチ(既存治療で効果不十分な場合に限る) ・全身性エリテマトーデス(ループス腎炎) (ステロイド剤の投与が効果不十分、又は副作用に より困難な場合) ・難治性(ステロイド抵抗性、ステロイド依存性)の 活動期潰瘍性大腸炎(中等症~重症に限る) は、様々な形態で、世界68カ国で使われています。 9円 タクロリムスカプセル1mg「JG」 日本ジェネリック 269. ボセンタン投与中• その他免疫疾患の治療にも有効とされています。

>