出国 制限。 【外国人に対する入国制限措置の更なる延長】ブラジルにおける新型コロナウイルスに関する注意喚起

スイスへの入国制限について

過去数日間、DOT地域事務所は、ホテル、アイランドリゾート、ツアーオペレーター、LGUなどの観光利害関係者に積極的に取り組み、強化されたコミュニティ検疫の強化された旅行制限を各目的地、特に離島。 なお、イリノイ州クック郡 エバンストン、スコーキーを除く においてもシカゴ市と同様の入域制限が適用されます。 ネブラスカ州• また、イリノイ州クック郡 エバンストン、スコーキーを除く においてもシカゴ市と同様の入域制限が適用となり、下記の対象州から訪れる市民や渡航者は14日間にわたる自己隔離が求められます。 JL015 : 火・金運航 成田-ロサンゼルス• 米国移民・関税執行局 ICE より発表された主な内容は以下のとおりです。 各対象州の更新は隔週の火曜日に発表され、措置の期限は未定となっています。

>

スイスへの入国制限について

3州の知事は声明において、3州への往来そのものを禁じる措置ではないことを強調しました。 10月27日更新 : 1日あたりの新規感染者 8万3,000人を超え過去最多に 現地時間の10月23日に米国内で確認された新型コロナウイルスの新規感染者が8万3,000人を超え、過去最多となったことを保健当局が明らかにしました。 追加された措置の概要は以下の通りです。 10月の訪日外国人2万7千人。 しかし、10月1日より、ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開しました。 サウスカロライナ州 9月24日、マクマスター州知事は非常事態宣言を継続する州知事令に署名しました。

>

在シンガポール日本国大使館

また、イリノイ州クック郡 エバンストン、スコーキーを除く においてもシカゴ市と同様の措置が適用となります。 これにより両国間の往来が完全に停止する事態は避けられましたが、米国運輸省は中国当局が今後も改善に努めなければ再び受け入れを禁止すると牽制しています。 片道の飛行機代くらい出してあげるから。 ・12月と年明け以後の冬季運航スケジュールプランは、発表あり次第ご案内いたします。 また、市内ではマスクやフェイスカバーの着用が求められますので規制の遵守をお願いします。 黄色 : 3州 以下の3州はシカゴ入域の際に自己隔離と事前検査の必要はありません。 4月3日から、過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否となっています。

>

【11月20日更新】【重要】ベトナム入国・乗継制限に関して|ベトナム王

1号生に関しましてはPOEAが業務停止していますので、PDOSなどの手続きが出来ないためフライトが確定出来ておりません。 黄色 : 人口10 万人あたりの新規陽性者数が15人未満である下記の州が対象となります。 ニューヨーク・マンハッタンの5番街には数百人が集まり、「黒人の命も大切だ」と書かれたプラカードを掲げるなど、司法当局への批判の声が連日続いています。 28日 日本経済新聞によると、今年の10月からレベル3の「渡航中止」勧告令が下されていた国家・地域のうち、ここ2週間で人口あたりの新規感染者が少ない所には「感染症危険情報」のレベルを2段階の「不必要な非常渡航中止」に下げる予定である。 事業交流を増やし経済を速やかに正常化させるためである。

>

国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について|外務省

屋内外問わず集会は6人以下とし、飲食店はテイクアウトか宅配サービスのみ営業が認められます。 ニューメキシコ州• 現時点で日本は「渡航健康情報」はレベル3となっているため、日本からニューヨーク州へ訪れる渡航者は事前に申請フォームの提出が必須となります。 07 新型コロナウイルス 各国の入国制限に関する一覧(2020年12月07日09:00時点)• (1)対象国・地域 原則全世界の国・地域からの帰国・再入国の際にご利用いただくことが可能です。 9月8日に情報を更新し、21州が入域制限の対象となりました。 ただし、入国後14日間の自己隔離義務は継続されます。 隔離要請の対象州 22州と1地域 ケンタッキー州、ネバダ州、テキサス州、ワイオミング州、アイダホ州、ミネソタ州、モンタナ州、ウィスコンシン州、アラバマ州、アーカンソー州、ジョージア州、アイオワ州、カンザス州、ミシシッピ州、ミズーリ州、ネブラスカ州、ノースダコタ州、オクラホマ州、サウスカロライナ州、サウスダコタ州、テネシー州、ユタ州、プエルトリコ準州 なお、イリノイ州クック郡 エバンストン、スコーキーを除く においてもシカゴ市と同様の入域制限が適用されます。

>

ご旅行の制限について

同措置の主な内容は以下の通りです。 航空機でニューヨーク州へ入州する場合は機内にて申請書が配布されますので、必ず提出をお願いします。 赤の地域は感染危険地帯として41郡が指定されました。 日本から米国へ渡航する方は原則として14日間にわたる自己隔離が義務付けられていますが、一部の州では自己隔離を「推奨」に変更し規制が緩和されました。 なお、各地域における規制は10月8日より今後14日間以上施行される見込みです。

>