揮発 性 有機 化合物。 揮発性有機化合物

環境省_揮発性有機化合物濃度の測定法

次に,ヘキサンを標線まで加える。 なお,標準液の採取量は,試料の採取量が10 mLに対するものである。 この溶液の濃度は,前後の質量の差から求める。 今後、国内外において、このコンセプトに基づく様々な水素結合ネットワーク構造体が開発されるものと期待されます。 その理由は、新築住宅や建物の高気密化、建材や家具、日用品などに含まれるVOCの放散等が原因で、目がチカチカしたり、めまいや吐き気などを引き起す健康被害、いわゆる「シックハウス症候群」の原因とされる室内空気汚染について、改善対策を進めようというものです。 5 トラップ管 トラップ管は,使用前に次の操作を行っておく。 ただし、一工程の時間が20分に満たない場合は、一工程の時間で足りる。

>

環境省_揮発性有機化合物濃度の測定法

7 パージガス ヘリウム(純度99. b 各深度の水の採取 試料をJIS K 0094の4. 次に,メタノールを標線まで加える。 5 mLとり,さらにメタノールを標線まで加える。 1,1,1-トリクロロエタン約7. 揮発性有機化合物濃度の測定法• ジブロモクロロメタン,四塩化炭素,ブロモジクロロメタン,1,1,1-トリクロロエタン,テトラクロ ロエチレン及びトリクロロエチレン以外の項目を試験する場合は,5. さらに研究グループは、結晶Aが エーテルやハロアルカン(用語7)の可逆的な吸着と脱離も可能であることを、本研究において明らかにしました。 室内空気中の VOCをポンプサンプリングで捕集するときには,JIS A 1965を使用するものとする(サンプリング中の活動 状況及び境界条件を記録するプロトコルは,附属書B に示している)。 この溶液の濃度は,前後の質量の差から求 める。 3 ガスクロマトグラフ質量分析法 ガスクロマトグラフ質量分析法に共通する一般事項は,JIS K 0123による。

>

環境省_揮発性有機化合物濃度の測定法

次に,メタノールを標線まで加える。 測定対象の除外物質の測定用質量数に対してマスクロマトグラムを作成し記録する。 11 各工程における条件の確認 各試験方法の装置,準備操作など,各工程における最適条件は,トラップ管充塡剤の種類,使用量など によって異なるので,十分な回収が得られる条件をあらかじめ求めておく。 この溶液の濃度は,前後の質量の差から求める。 パッシブサンプラを使用した場合は,拡散係数又は拡散取込み速度を含めて,結果を計算するために使 用した換算式も示すことが望ましい。 imgSrc; if 'imgSrcset' in img. 1 キャピラリーカラム用管 5. なお,空試験値が定量下限値を超える場合は,分析環境,分析装置などを十分に点検して再度操作 をし直す。

>

JISA1964:2015 室内空気中の揮発性有機化合物(VOC)のサンプリング方法

第二 に,例えば,溶剤が使われる場合のように,一時的な放散源からのVOCの放散も,特殊条件に該当する。 この規格は,JIS A 1960との関連を意図している。 用語7「エーテル・ハロアルカン」エーテルとは炭化水素(炭素と水素だけからできた化合物)分子の隣りあった炭素原子の間に酸素原子が結合した構造の化合物である。 例えば、活性炭を用いた ケトン(用語4)の吸着過程では、発熱的な副反応が起こり、それに伴う活性炭の発火が懸念されます。 V b a N 50 4 ここに, N: ホルムアルデヒドの濃度( 洀最一 a: 検量線から求めたホルムアルデヒドの濃度( 洀最一 b: 検量線から求めた空試験のホルムアルデヒドの濃度( 洀最一 V: 試料分取量(mL) 5. この測定方法では最も気温の高い時間帯で測定を行なうこともできるため、 室内の最高濃度を把握することができます。

>

揮発性有機化合物とは何? Weblio辞書

場合によっては研究室での測 定用に建材からサンプルを抜き取る。 l 内標準液(C10H21Cl: 0. 14 A 1964:2015 参考文献 [1] VDI 4300 Bl. この分類は,主として沸点に基づいているが,同時に分析の方法,特にガスクロマトグラフィーのこと も考慮している。 (注) この測定法の測定範囲は1~5,000vol ppmCである。 それ らのVOCは,異なる放散特性をもつ。 したがって,放散源のすぐ近くでは,その室内で最も 高い濃度が観測されることがよくある。

>

JISA1964:2015 室内空気中の揮発性有機化合物(VOC)のサンプリング方法

(6) 吸引用気密容器は、容器内の捕集バッグが外部から見え、気密が保たれる構造のものとする。 8 mLを手早く加えて密栓し,その 質量を測定する。 注記 ホルムアルデヒド及び他の低沸点アルデヒド類のためのサンプリング及び分析方法は,JIS A 1962 [5]及びJIS A 1963 [6]に規定している。 第4 測定の手順 1 試料の採取 試料の採取方法は、別表第1に掲げる揮発性有機化合物の濃度の測定法に規定する試料採取方法による。 建築設備定期検査・特定建築物定期調査・防火設備定期検査•。 そのた め,測定前に十分な換気を行って,間欠発生源による VOCを部屋から可能な限り除去しなければならない。

>