大垣 市役所 新 庁舎。 AIを搭載した案内ロボットが大垣市役所で本番稼働 多言語や筆談を含む各種案内を実施|タケロボ株式会社のプレスリリース

大垣市役所 新庁舎

この後コロナの流行により大垣には行けず、大垣市役所を見るのはこの日が最期となりました。 実はこのアングルが大好きで 夜も北西側からの本庁舎となります。 解体される部分は隙間が出来るほどにもぬけの殻状態です。 まずは新庁舎を北側から。 ほぼ北側 おそらく正面玄関 から。 同市は2020年1月に新庁舎での業務を開始したが、これに合わせて、窓口でのキャッシュレス決済を本格始動させている。 東側から。

>

岐阜市新庁舎

新たに西側1階部分にブルーネットが張られました。 3月17日 ついに新庁舎建設地に様々な重機が搬入され始めました。 2019年 の大垣市役所風景 2018年11月の段階で新庁舎は全く姿を見せませんでしたが、ここから一気に行くのでしょうか。 こちらも初めての南側。 さすが官。

>

岐阜県大垣市、新庁舎での業務開始に合わせ窓口のキャッシュレス決済を本格始動

QRコード決済に関しては、利用者が、窓口に設置したQRコードをスマホで読み取り、職員が提示した手数料などの金額を入力した上、事前にアプリに登録したクレジットカードなどにより決済する方式(MPM方式)が採用されている。 スマートシティ実現の一環としてキャッシュレス対策を推進 岐阜県大垣市では、全国に先駆けて、ICTをはじめとする最先端技術を活用したスマートシティ構想を発表。 西外側橋市役所川です。 新庁舎の外観全てを眺められる状態になったようです。 委託費の上限は約2億8000万円。

>

災害に強い新庁舎建設へ (平成29年1月15日号)

1月25日、当課の職員が、大垣市役所を訪問し、ロボットを活用した庁舎案内について視察調査を行いました。 本庁舎北側ですが工事向け外壁が組まれました。 北西側から。 最後に発掘された桜の季節の旧庁舎他をご覧ください。 工期の長さが気になります。

>

「大垣市役所新庁舎内覧会」に参加してきた

約3ヶ月間で新庁舎の鉄筋が組み上がっています。 クレジットカード、デビットカード、WAONなどの電子マネーに加え、Origami Pay、PayPay、LINE Pay、d払いの4種類のQRコード決済が可能だ。 実際の大垣市には西外側橋の対岸右手に旧本庁舎があります。 反映後、このタグは除去してください。 無事にセレモニーのお勤めを果すことができ一安心。

>

大垣市役所

現庁舎の書類量は約600立方メートル。 よく見ると館内照明が点灯しています。 市は仮庁舎に移った13年から2年計画で書類管理のシステムを導入。 この物置と通行止標識が健在です。 それには第三者の目を入れて改善したのが有効だった」と振り返る。

>

大垣市役所新庁舎 企業展示ブースの紹介

西側から。 南西側からです。 ・翻訳支援 英語、ポルトガル語、中国語と日本語間の翻訳を行います。 まだ解体予定部分で業務をされているようですが、22時過ぎですよ・・・お疲れ様です。 このため、(平成24年)から「大垣市新庁舎建設市民懇話会」を開催し、現庁舎(当時)における問題点や新庁舎に求める機能などを検討した。

>