松吉 医科 器械 カタログ。 松吉医科器械

松吉医科器械

また、今回初めてユーザー別に『クリニック総合カタログ』、『介護施設総合カタログ』、『看護学校総合カタログ』を合わせて発刊し、ユーザーごとに配布する。 (平成29年)7月 - 営業所を移転• 以来あらゆるニーズにお応えすべく、「お客様第一主義カタログの発刊」をコンセプトとし、 最新の商品情報を迅速に取り入れ、医療施設をはじめ、高齢者施設や学校等に至るまで幅広いユーザー様に ご利用いただくことができる医療機器総合カタログを発刊しております。 (昭和9年)1月 - 「株式会社 松吉商店」に改組• 1 5,000 200 2006年2月 災害対策・救急医療カタログvol. より取扱品目を集約した松吉医療総合カタログを発刊。 さらに、社内に新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口を設置し、社員自身や家族の行動範囲の中で、新型コロナウイルス感染が疑われるようなケースがあった場合にいつでも相談できるようにした。 (平成27年)12月 - 営業所を開設• 地域貢献活動 -プロスポーツチームのオフィシャルスポンサー- 松吉医科器械は、スポーツを通じて地域との交流を図るため、物流センターがある栃木県を拠点に全国の皆様にまで親しまれている県内4つのプロスポーツチーム(・・・)を応援。 2 6,200 188 2009年9月 松吉診察処置カタログvol. 100 9,000 640 1995年2月 松吉総合カタログvol. 自社でカタログを作成するまでは、業界で作成されたカタログ、D. その後、1992年(平成4年)にはじめて「松吉総合カタログ」を創刊。

>

松吉オンライン

などしてくださる()。 1100 30,000 1,240 2016年1月 松吉医療総合カタログvol. (平成25年)1月 - 営業所、営業所を開設• (大正7年)5月 - 松井幹一、吉田英雄両名の共同出資により「松吉合名会社」設立• (平成29年)7月 - 営業所を開設• (令和元年)12月 - 営業所を開設• 109• (平成29年)10月 - 創業100周年を迎えた• そのほか、総合カタログの発刊に合わせWebカタログ『マツヨシonline』も刷新した。 また、同社では社員へのマスクの配布や全営業所に非接触検知器(サーモグラフィ体温計)を設置し、社員や来訪者への検温、マスク着用、手指アルコール消毒に努めている。 1 5,500 244 2006年10月 松吉総合カタログvol. 会社概要 [編集 ] 「人々の健康と幸せへの貢献を使命に」を経営理念に掲げ、「」と「」に関するさまざまな商品やサービスを提供している。 空気清浄機やパーテーションもしくは感染防止パネルを設置したほか、環境清拭ボトルを置いてテーブルなどの清拭後は『消毒済み』ラベルを貼付し、ひと目で消毒の要否を確認できるようにした。

>

松吉医科器械

また、コロナ禍での訪問営業による商品説明が難しいことから、動画による商品説明(約300点)を追加した。 1400 33,850 1,344 2019年4月 松吉医療総合カタログvol. (令和元年)12月 - 営業所を開設• 200 7,000 704 1997年12月 松吉総合カタログvol. には創業100周年を迎えた。 (令和元年)12月 - 営業所を開設• (令和元年)12月 - 営業所へ営業所を統合 カタログ [ ] れまでに発刊したカタログ 発刊年月 カタログ名 掲載商品数 ページ数 1992年5月 松吉総合カタログvol. などしてくださる()。 本社の来客スペースは全面リニューアルされ感染対策が施された 本社の来客スペースは全面リニューアルして感染対策を施した。 社員勉強会についても各営業所、物流倉庫などを含めた13拠点を本社とオンラインでつなぎ実施している。

>

カタログ|松吉医科器械株式会社

(平成30年)8月 - 営業所を開設• 600 23,500 820 2008年8月 クリニカタログvol. 182• (昭和9年)1月 - 「株式会社 松吉商店」に改組• (平成14年)7月 - に「佐野物流センター」を開設• それに対応した職場環境を整えるため、社内の感染対策体制を構築した」と語っている。 。 会社概要 [ ] 「人々の健康と幸せへの貢献を使命に」を経営理念に掲げ、「」と「」に関するさまざまな商品やサービスを提供している。 154• (平成27年)12月 - 営業所を開設• 900 28,700 1,240 2014年1月 松吉医療総合カタログvol. (大正7年)5月 - 松井幹一、吉田英雄両名の共同出資により「松吉合名会社」設立• 毎日のように病院から何かしら電話があり、その時に当社担当者が在宅勤務中で連絡がつかないのでは医療が滞ってしまう。 また、ユーザー別に『クリニック』、『介護施設』、『看護学校』向け3種の総合カタログも同時発刊した。

>

松吉医科器械とは

より取扱品目を集約した松吉医療総合カタログを発刊。 700 23,000 1,152 2011年6月 松吉医療総合カタログvol. (昭和51年)5月 - 札幌連絡所を札幌営業所に改称• 1000 30,200 1,256 2015年1月 松吉医療総合カタログvol. (平成29年)7月 - 営業所を開設• マツヨシ ショップサイト この項目は、に関連した 書きかけの項目です。 そのほか、毎年11月に都内のホテルで、仕入れ先の約200社350名を招き開いている『松吉 仕入先様のつどい』をオンライン形式で1月の開催に変更した。 (平成29年)12月 - 営業所を移転• (昭和51年)5月 - 札幌連絡所を札幌営業所に改称• 1500 35,000 1,408 関連項目 [編集 ]• (平成29年)7月 - 営業所を開設• 社内感染防止対策を構築 本社人員を分散化し4拠点に 一方、松吉医科器械では医療インフラの一端を担う企業として、新型コロナウイルスの感染拡大防止と社会経済活動維持の両立に向け、さまざまな感染防止対策に取り組んでいる。 掲載内容は医療総合カタログと共通しているが、ユーザー別に発刊することで、受け取る側のイメージをわかりやすくし、細分化したアプローチを行っていく。 外部リンク [編集 ]• 1500 35,000 1,408 関連項目 [ ]• 4 NEWS タグ• 今回からこれまでのカタログ名称(松吉医療総合カタログvol~)を改称しての発刊となり、それにともない内容をリニューアルし、より使い勝手を向上させた。 NEWS カテゴリー• (昭和19年)1月 - 「松吉医科器械株式会社」に商号変更• 総ページ数は272ページで、掲載アイテム数は1243点になる。

>

カタログ|松吉医科器械株式会社

(昭和19年)1月 - 「松吉医科器械株式会社」に商号変更• (平成14年)7月 - に「佐野物流センター」を開設• には創業100周年を迎えた。 (昭和47年)12月 - 連絡所を開設• 800 26,000 1,192 2012年7月 松吉医療総合カタログvol. (平成19年)12月 - 本社を東京都に移転• (大正6年)10月 - にて吉田英雄により「吉田商店」創業• (平成29年)7月 - 営業所を移転• 職場勤務体制で医療従事者をサポート 社内の感染対策体制を構築したことに関して、吉田社長は「コロナ禍で頑張っている医療従事者に対して、われわれはそれをサポートしていかなければならない。 (平成29年)10月 - 創業100周年を迎えた• (平成29年)12月 - 営業所を移転• マツヨシ ショップサイト この項目は、に関連した です。 (令和元年)12月 - 営業所へ営業所を統合 カタログ [編集 ] れまでに発刊したカタログ 発刊年月 カタログ名 掲載商品数 ページ数 1992年5月 松吉総合カタログvol. 感染者が発生した場合のパンデミックを最小限に抑える体制を構築した。 沿革 [編集 ]• 病院への配布のほか、全国のICN(感染管理看護師)へもダイレクトに配布する。 (平成24年)7月 - 営業所、営業所を開設• 医療安全・感染制御カタログも発刊 さらに、コロナ禍の医療現場向けセレクトカタログとして「医療安全・感染制御カタログ」を発刊した。

>

カタログ|松吉医科器械株式会社

職場環境の密を避け感染防止へ 吉田社長 これについて、吉田社長は「これまでは本社1か所に約80人の社員がいたが、現在では20~30人ずつ4か所に分かれて業務を行っている。 300 11,000 826 2000年5月 松吉総合カタログvol. 検索画面も一新され『在庫・納期』情報の確認や、『医療機器認証番号』、『取り扱い説明書』、『添付文書』のダウンロードが可能となった。 (平成19年)12月 - 本社を東京都に移転• 地域貢献活動 -プロスポーツチームのオフィシャルスポンサー- 松吉医科器械は、スポーツを通じて地域との交流を図るため、物流センターがある栃木県を拠点に全国の皆様にまで親しまれている県内4つのプロスポーツチーム(・・・)を応援。 1200 30,700 1,236 2017年1月 松吉医療総合カタログvol. 医療施設で使用される商品を流通する医療機器専門商社として、診察処置用機器や手術用機器、診療看護衣から家具什器まで、取り扱い品目は多岐に渡り、 など海外メーカーからの輸入販売や、、、手袋などのオリジナル商品の製造も行うメーカーとしての顔を持つ。 コロナ禍当初は当社も社員を在宅勤務させていたが、医療インフラの一端を担う企業として、現在は在宅勤務ではなく職場勤務体制をとっている。

>