4c ドッカン デ イヤー。 【デュエル・マスターズ】デッキレシピ:ベスト8 / ドッカンデイヤ / haru.k

1/13 環境デッキTierまとめ&レビュー【デュエマ】

テクニック [ ] の要領でのストックを作り、バトルゾーンに《デイヤー》を2枚用意し、墓地に《デイヤー》とを1枚ずつ置くと、手軽にループできる。 最近、4cデイヤーへの採用率が高い《ムクチューン》。 モチーフは手榴弾。 是非考えてみてください。 。 がいなくともとなどのでオールを簡単にカバーできたのであった。 《墓地の儀》 ・カードを自分の墓地に置いた時、自分の墓地にカードが8枚以上あれば、 この零龍星雲を自分の「滅亡の起源 零無」にリンクしてもよい。

>

1/13 環境デッキTierまとめ&レビュー【デュエマ】

詳しくは。 先攻 5勝5敗 後攻 5勝5敗 20戦程度ではデータとして不十分ですが、先攻有利といわれているマッチでこの結果です。 ・この記事は2020年7月1日施行の殿堂レギュレーション変更以前に執筆されたものとなります。 しかも、相方であったそのはを除いた最速記録を樹立した。 このデッキの切り札で、こいつ出して手札が数枚あればゲームに勝つ。

>

【バーンメアジョーカーズ】

墓地ソースとかカリヤドネ居るかなーって思ってポクたま積んだら見事に当たらず。 よって4投確定。 約1か月の間でトップメタの座についていたが、期ではにその座を奪われた。 S・トリガー付いてるの偉い。 自分の手札を1枚捨てた時、GR召喚する。 後攻3ターン目に出して相手のマグナを引っこ抜いて、4キルを防げます。 マナドライブ7ってのが唯一の救いかな。

>

最強デッキドッカンデイヤーについて解説。【デュエマ】

の管理がギリギリなのでが多く積まれる。 相手にを使う暇を与えさせないのも優秀。 しかし、2020年1月1日付で《ミッツァイル》が殿堂入りされると同時期に、【メルゲドッカンデイヤー】が環境で暴れることを危惧されて、《アクア・メルゲ》もに指定された。 霞み妖精 初動。 環境トップであることから熱心な研究が進んでおり、様々な利点を持つ多くの型が存在するのも特徴です。

>

【ドッカンデイヤーループ】回し方、対策方法が分かる解説記事!

基本的に天啓の方が強いがバライフでたまに1ブースト&2ドローしたりするから一応差別点はある。 しかし、今度はしたと共にで新たに登場したを取り込んだでとなった。 入れ替え候補: ここではイチゴッチ・タンク、ベラ、回収以外を書く。 先攻4ターン目に殴り切るでもしない限り相手のが間に合ってしまうのである。 これによって無限GR召喚ループが可能。 環境に抗えるかどうかは個人のPS及びデッキ構築力がモノを言う。 総合的に見ると外部からの影響をほとんど受けない。

>

《MEGATOON・ドッカンデイヤー》

あとマナ要らん時にできる。 その際、超GRゾーンのクリーチャーのパワー末端数を 《500》で統一することによってGRクリーチャー全て出して「バルバルバルチュー」を使い増えたシールドを回収、「エメスレム・ルミナリエ」により「鬼の轟き 参角」を出し、更に「鬼の轟き 参角」から、 「聖霊王アルファディオス」「サファイア・ウィズダム」を出し、場面を《ロック》してキルを狙いに行く。 それでも、DMEX-08発売から1ヶ月が経過した頃、1位から4位までが全て【4色ドッカンデイヤー】であったチャンピオンシップも確認されるなど、依然として環境上位としての地位は揺るぎない。 無限にストックしたハンデス効果で相手の手札をすべてハンデスする• 以上の理由から、自分は4cデイヤーにジェ霊ニーやムクチューンを採用せず、アグロに対して勝率を出すことを目的として、トリガーを厚くとった構築にしています。 このデッキが強い理由や、人それぞれ分かれがちな構築論について考察していきます。 この2枚に頼らなくても一応デッキが成立する【青赤緑ドッカンデイヤー】を除き、このデッキタイプは過去のものとなったといってよい。 それでもループを封殺するアイアン・マンハッタンのおかげでまだまだ生存。

>

【バーンメアジョーカーズ】

期にはに採用されるケースも見られるようになった。 龍ザルバ 腐敗麗姫ベラと選択。 それでも構築によってはB-我、覇道などに有利が付くからギリギリ生存。 バライフとかでうっかり出ちゃっても破壊しなければブレイク発動しないのがいいし相手がループとかなら手札補充になるのエモい。 フレーバーテキストではこのクリーチャー本人が「闇文明など恐れるに足らず!」と話していたが、実際の環境ではその闇文明のと共に大暴れしていた。

>

4cデイヤーループ概要

状況に応じて山札の枚数やターンの返し方、トリガーケアの方法など変わってきますが、逆転されることはほとんどありません。 元々のようにジョーカーズを軸にしてぶっ壊れマナドライブ達を射出しながらビートダウンしてきます。 同様に大量のGR召喚が可能なのは魅力。 ・期にはでをしてのcipをおかわりできるようにする型が登場。 MEGATOON・ドッカンデイヤー 最近値段がクソ上がってるカード。 この過程でデッキ内の 《ひみつのフィナーレ! でオールする上に、ディスカード時にするを持つ。 黒単卍ド・ラガンザーク卍 ミッツァイル殿堂により若干復活した黒単オーラ。

>