中国 隠蔽 コロナ。 【新型コロナ速報】世界で死者130万人突破

中国はなぜコロナ大拡散から抜け出せたのか?(遠藤誉)

これに4万世帯以上が参加。 武漢の海鮮市場はデコイ(囮)として使われたのです」 またYan博士は、中国政府の新型コロナ対応についても批判。 また、中国語新聞「大紀元」が行なった独自調査の結果を掲載し、武漢の火葬場職員が、運ばれてくる遺体の61%が病院ではなく自宅で死亡したものであると認めたことを明らかにした。 会期は通常の半分の1週間に短縮された。 むしろ特徴が 人為的に作成された物に合致していると論証。

>

中国当局、やはり隠蔽か 新型コロナ「最初の感染者は11月17日」香港紙報道 「米軍が持ち込んだ」ツイートに米抗議

8%となった。 他1名 ヒューマン・ライツ・ウォッチ 中国人研究者Yaqiu Wang氏のコメント 「中国での新型コロナウイルス(Covid-19)に関する情報の自由な流れの欠如が、世界的なパンデミックの一因となっている」 「世界中の政府が、北京に不法に拘留された活動家と市民ジャーナリストを直ちに釈放するよう 中国共産党へ圧力をかけるべき。 コロナの真実7: 中国共産党への賠償金請求8か国で100兆ドル(約1京1,000兆円)以上 米国、インド、英国、ドイツ、イタリア、エジプト、ナイジェリア、オーストラリアの 8カ国の政府や民間機関が、中国政府に賠償金訴訟を起こしている。 この日記は習近平氏が全国の民衆を団結させ、人々の感染症との戦いをリードしたと称賛している。 約40日後の4月16日に李氏はYouTubeに動画を投稿し連行されてから2か所で隔離され、携帯電話とPCを没収され、友人に「預けられている」などの状況を語った。 そこで「人から人への感染」があることと、「これはSARS以上の危機をもたらすかもしれない」と一瞬で見抜き、李克強(国務院総理)に知らせたことから、習近平(国家主席)の知るところとなり、1月20日に習近平に「重要指示」を出させるに至った経緯がある。

>

中国はなぜコロナ大拡散から抜け出せたのか?(遠藤誉)

そのため 日本にも同時期、武漢ウイルスが入ってきていた可能性は捨てきれないのだ。 この中では、習近平国家主席のリーダーシップのもとで、新型コロナウイルスの感染への対策は大きな成果をあげたとしたうえで、先月末までに確認された感染者、8万3017人のうち、94. 2020 年2月15日:40台の移動式焼却炉 2月15日、「ゴミと動物の死体」を焼却。 警察は これを「社会秩序を乱すデマ」だとし、翌年1月3日に李氏を呼び出して訓戒処分。 それも病院で治癒したと診断された後に、さらに2週間は隔離するという手法を取っているので、今では再感染はほぼいなくなっている。 前回までは、中共が情報を隠蔽したことによって、全世界にパンデミックを引き起こしただけでなく、他の国を混乱させ、防疫上で誤った判断や決定をさせたことを話した。 1992年から広州医学院院長(現在の広州医科大学学長に相当)などを務めた。 世界の一流科学者、専門家が新型コロナウイルスの秘密を明らかにするため競争している。

>

コロナ拡大、止められなかった世界 中国に責任はあるか:朝日新聞デジタル

「中国当局によれば、問題のウイルスはある患者には重症化を引き起こすことがありうるが、容易に人から人へ感染することはない」と述べた。 2020 年2月27日:責任転嫁 2月27日、中国の首席専門家・鐘南山氏は広州での記者会見で「たしかに病気は最初に中国で発生したが、ウイルスが中国起源とは限らない」と述べ、中共がパンデミックの発生を他国のせいにしようとしていることが見て取れる。 世界のCOVID-19患者数 感染者数 5,560万人以上 死亡者数 134万 深刻な状況にある。 2カ月半遅れの開幕だ。 2020 年2月14日:一家全滅 2月14日、湖北省電影製作所の常凱監督が新型コロナウイルスに感染し亡くなった。

>

中国当局、やはり隠蔽か 新型コロナ「最初の感染者は11月17日」香港紙報道 「米軍が持ち込んだ」ツイートに米抗議

中国も今回は被害者である」と嘯いた(中国外交部、4月20日)。 そのころ習近平はのんびりとミャンマー訪問や雲南の春節巡りなどをしていたのだから、話にならない。 新型コロナウイルス大流行の始まりとされる以前から、明らかに社会的混乱が起きていた。 今や中国は四面楚歌、「中国之夢」は悪夢となった。 しかし私はこの誤った情報を世界に広げたくはありませんでした」 またYan博士は中国国内で警鐘を鳴らした人や、若い抗議する人たちを共産党がどのように扱うかを理解していたという。

>

中国、コロナ大恐慌で世界から排除…追い詰められた習近平が他国に戦争を仕掛ける可能性も

民主主義国家ではないので、中国共産党の政権が崩壊すれば、政権交代ではなく、「国家が崩壊する」。 ・「武漢ウイルス」「中国ウイルス」といった呼び方は、中国の人々にどう映っていたのか。 1台の焼却炉は1日で5トンのゴミと動物死体を焼却することができ、燃焼温度は850度以上であるため2秒で処理することができる。 新型コロナは人民解放軍の研究所から? Yan博士は7月28日に、YouTubeメディア「路德社(Lude Press )」のインタビューを受けている。 メディアは中共の脅威を国民へ正しく伝え、『中国共産党の崩壊』を世に訴えるべきではないだろうか。 その結果、多くの国が問題の深刻さを認識していなかった。

>

中国、コロナ大恐慌で世界から排除…追い詰められた習近平が他国に戦争を仕掛ける可能性も

但し、中国で最高レベルを保つ人民解放軍の医療部隊は、習近平が司る中央軍事委員会を通して、その系列から派遣されている。 スパイクタンパク質にはフーリン分離部位というウイルス感染力を高める部位がある。 そこで何が何でも医療従事者と医療施設を火急速やかに整備しなければならないと陣頭指揮を執ったのも鍾南山だ。 全世界は武漢の人々に借りができた」と述べた。 そうしてでも、感染者の再燃を防ぐことに必死である。 彼は飛び降りる前、妻に向かって「あなたに影響を与えたくない」と一言だけ残したという。

>

中共による新型コロナウイルス隠蔽の経緯(六)

・重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行を経験している中国の人たち。 出入りする報道関係者にもPCRと体温の検査が課せられた。 頻繁に往来されている。 武漢市内の病院を撮影しSNSに投稿 - 47歳 武漢実業家• そのシステムを作ったのも鍾南山だ。 理解を示さなかった夫を置いて、4月28日に1人で香港から脱出し、その後アメリカへ到着した。

>